転職が頭によぎったら

転職する時に持っておきたい資格やスキル

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

企業の人材ニーズとは

インターネットやテレビなどのメディアで頻繁に目にする転職サイトの広告がですが、最近気になったのは、その広告のキャッチフレーズです。 「今よりいい会社」のようなコピーは、現在の転職の状況を表していると思いました。待遇や収入が良ければ、転職もいとわない。 チャンスがあればいつでもという感じなのでしょう。

企業がほしいと思う人材とは

働く上ではすでに当然のこととなった転職ですが、企業側からみれば中途採用ということになります。
育成面や定着する人材採用を考慮して、ある程度の若年層、いわゆる第二新卒のような人材を募集もあります。
また、年齢は上だとしてもすでに社会人として、そしていちスタッフとしてすぐに現場に出て行けるような人材、いわゆる即戦力となるような人材を募集する場合もあります。
企業側からすれば、採用の計画があってそのポジションに合わせた人材を確保するための募集となるわけですが、どの業種においても求められる人材像というものはありそうです。
代表的な例を営業で言うと、営業は会社の最前線で活躍する部署です。
売上や販売をそして会社の業績を左右するもっとも重要な役割です。
どんなに素晴らしい開発力があったとしても、営業がしっかりと売ってこなければ利益にはなりません。
他社そして他者にサービスを購入してもらう営業においては、コミュニケーションの能力は非常に重要になります。
また、ユーザーのニーズや市場動向を把握するための情報収集できる能力、そして契約までお客さんとじっくり向き合うことのできるヒアリング力、課題解決の能力も重要です。
資格やスキルで言えば、数字を読むことができる簿記への知識、また関連して最近はファイナンシャルプランナーなども求められています。
さらに、外国との取引などで英語を使う機会が多ければ、英語力も必要となり、英語技能検定など高得点ならば、わかりやすい資格やスキルとして履歴書や職務経歴書でアピールできます。

おすすめリンク

期待されるものとは

企業側に求められる資格とスキルを考えた時、代表的なものは存在するとは思いますが、業種やそれぞれの現場において実は求められるものは少しずつ違うのではないかということです。 言ってみれば同じ職場はひとつとしてないということです。 業種別にどのような資格やスキルが求められるのか、少し調べてみます。

大きく変わった働き方

90年代のインターネット登場のビフォアとアフターでは、社会全体が大きく変わったと言えるでしょう。 社会や経済、企業にはさまざまな変化がありましたが、働き方も同様に大きく変わったのではないでしょうか。 ITの浸透は、は一人一人の働き方を変え、そして仕事に対する考え方も変えたと言えます。