転職が頭によぎったら

>

企業の人材ニーズとは

求められる資格とは

転職がさかんということは、企業が中途採用を多く募集しているということです。
企業側の人材の需要があって、そこに応募する人も多数存在している状況です。
では、企業側はどんな人材を探しているのでしょうか。
また、その人材にどんな資格やスキルを求めているのでしょうか。
業種により求められる資格やスキルも異なると思いますが、営業においては業種は違えども求められるニーズは共通していると思います。
未経験者でも採用されることの多い営業では、コミュニケーション能力などのスキルのほかに、重要なのが普通自動車免許だったりするのです。
都内でも自動車による営業先への移動はありますが、地方へ行けば自動車は必須です。
営業職を希望の方は知っておいた方がいいかもしれません。

汎用性の高さもポイント

営業に限って言えば、扱う商品やサービスは異なるけれども「売る」という業務においては、どの業種においても共通しています。
採用において求められる条件として、法人営業の経験やBtoB(企業間取引)営業経験、また一般顧客向けの営業経験などが書かれていると思いますが、こうした経験があれば、業種を問わずスキルとしては第一関門がクリアできると言えるかもしれません。
営業におけるお客様へアプローチするための対面のコミュニケーション能力、またメールでのやりとりや提案書、見積書、請求書などをつくるためのパソコンのスキルなども、営業としては必要な汎用性の高いスキルです。
さまざまな営業がありますが、普通自動車免許が求められる資格だとしたら、求められる基本スキルは上記のようなものです。


この記事をシェアする