転職が頭によぎったら

>

期待されるものとは

持っていると有利な資格

最近では日本企業でも英語力が必須なっている業種が多くなっています。
英語技能検定テストはどのような業種のおいても強みとなるようです。
高得点が取れているのであれば採用時において高く評価されるそうです。
必要とされるライン以上の成績を収められるようにしておきましょう。
経理や会計の業務であれば、簿記検定がよく知られているところでしょうか。
財務諸表を読むことができることは、営業や経営に参加するにも、とても大きなアドバンテージとなります。
また、どの業種でも日々の業務はパソコンを使って行われます。
難易度は異なりますが、パソコンなしには業務は成り立ちません。
表計算や文書作成、プレゼンテーションソフトなどのアプリケーションのスキルはいまや必須と言っても過言ではないほど求められるようになってきています。

あの業種にはこの資格

もしも飲食業にチャレンジするのであれば、調理師の免許は必須かもしれません。
免許の有無が採用に関わる可能性もあります。
また、サービス業としての飲食業以外でも介護施設などで必要になることもあるので「食」に関わるならば取得したいところです。
超高齢化社会となった日本は介護は重要な問題です。
介護業界への転職ならば、介護初任者研修が必要です。
就業の条件としている施設もあるので、ぜひ取得しておきたいですね。
医療業界を希望していれば、医療事務の資格取得は必須です。
携わる業務により、資格も分かれており、病院などの医療機関だけでなく検診センターや健康保険組合、損保会社など、多くの職場でも使える資格です。
自分の就きたい仕事に興味を持てば、自然とその資格やスキルはわかります。
自分をアピールできるようにチャレンジする価値は大いにあります。


この記事をシェアする