転職が頭によぎったら

>

大きく変わった働き方

日本的経営と就業の変化

終身雇用や年功序列制、企業別組合など、かつて言われた日本的経営のメリットは戦後において長く機能してきました。
しかし、バブル経済の崩壊後の日本では、それらの日本的経営は大きく見直されることになったのです。
日本経済が長らく低迷を続ける中で、金融のほかさまざまな業種が変化を余儀なくされ、いやその変化によって生き延びたとも言えるのですが、海外企業との熾烈な競争の中で、そうしたメリットがデメリットとなっている業種もありました。
言い換えれば、企業側も長年にわたり雇用したり、じっくり育てるような余裕がなくなってしまったとも言えます。
転職する側は、長期にわたってひとつの会社に身を置かず、収入アップのチャンスがあれば転職してチャレンジすることが珍しくなくなったのです。

成果主義の功罪

かつて日本的経営のメリットであった終身雇用や年功序列制、企業別組合などはデメリットとして取り上げられることもありました。
また、日本経済の停滞から、海外と同様に成果主義を導入し、社員個々のモチベーションに重きを置かれたこともありました。
しかし、ある程度の時間が経過してみると、成果主義にもメリットとデメリットがあることがわかってきます。
成果主義を導入したもののかつての年功序列型の賃金体系に戻す企業もあるようです。
デメリットとしては、成果の取り合いによるチームワークの乱れ、職場の雰囲気の悪化、勝ち組と負け組の固定化などです。
組織が乱れれば業績が上がることはありません。
かつて日本的経営のメリットである長期的視点や育成などとは逆の現象が起きており、企業は新しい評価基準が必要になっています。
転職する側も、自分の持っている資格やスキルを活かして、いい会社に入りたいですね。


この記事をシェアする